探偵事務所と興信所の違い

探偵事務所と興信所に違いはあるの?

探偵事務所と興信所に違いはあるの?
現在では違いはほとんどないようです

昔は探偵事務所と興信所の役割りが異なっていたようです。浮気調査や人探しといった個人の信用調査・行動調査といったものは探偵事務所が行い、企業の信用調査や雇用調査、そして市場調査といったものは興信所が行なっていたそうです。依頼内容が異なれば調査方法も異なり、探偵事務所では調査対象者に身分を伏せて尾行・張り込み・行動監視・聞き込みを行ない、興信所では調査対象者と直接面談をして話を聞く・電話で取材や聞き込みを行なうといったように、対象的な調査手法が取られていました。また探偵事務所はどうしても調査に時間や手間がかかるために高額になりやいですが、裏事情も調べ上げるので詳しい調査結果が得られました。対して興信所は調査対象者と直接連絡や面談を行なえますから、探偵事務所よりも費用が安く済むのが一般的だったようです。

 

このように昔は探偵事務所と興信所で役割りが大きく異なっていましたが、現在では両者に大きな違いはありません。総合探偵事務所や総合興信所として個人依頼・企業依頼に関わらず様々な調査を行なうところがほとんどを占めます。探偵業法でも探偵事務所と興信所を区別せず、どちらも「探偵業」に位置づけられ、根本的な違いはないものとしています。しかしそれぞれに得意分野・不得意分野がありますから、元々どのような調査を行なっていたのか?どのような調査方法を得意とするのか?という事を考えて探偵事務所や興信所を選ばなくてはなりません。

 

また、探偵事務所と興信所の区分についてですが、探偵事務所や興信所は探偵業法に基づいて公安委員会に届出を行ない開業します。この探偵業法では探偵事務所と興信所に区分はなく、どちらも調査業に携わる業種として位置づけられています。しかし探偵業法では区分がなくても、探偵業界内では調査分野によって一部業者〜四部業者に分類されています。

 

一部業者は特定の法人を顧客とした、企業信用調査を請け負う業者です。企業間提携や企業取引のために、企業の業績などを調べるのに利用されています。

 

二部業者は特定の法人を顧客とした、人事調査を請け負う業者です。社内での違法行為を調べたり、従業員の素行調査などに利用されています。

 

三部業者は個人や法人を顧客とした、個人調査を請け負う業者です。尾行調査・所在調査・信用調査などといった、社会関係の調査に利用されています。

 

四部業者は保険関係の信用調査を請け負う業者です。病歴や財産状況を調べるなど、保険を契約する前の事前調査として利用されています。

 

探偵事務所と興信所で分類するとすれば、一部と二部は興信所、三部と四部は探偵事務所と言えるでしょう。一般消費者が利用する際は三部に分類される探偵事務所という事になります。しかし実際には総合探偵事務所や総合興信所など言われるように、これらの分類には関係なく様々な依頼を請け負う探偵事務所や興信所がほとんどです。それぞれに得意分野の調査・不得意分野の調査はありますが幅広い分野で活躍をし、請け負う調査の違いというのはなくなっています。