探偵と弁護士との依頼内容の違い

探偵と弁護士との依頼内容の違いは?

探偵への依頼内容と弁護士への依頼内容の違いは?
探偵には調査を依頼し、弁護士は調査結果を元に解決をします

「配偶者が浮気をしているかもしれない」と考えた時、探偵に依頼をすれば良いのか?弁護士に依頼をすれば良いのか?と悩む方もいるのではないでしょうか。国家資格を取得して法律の専門家として活躍をする弁護士と、公安委員会へ届出をして活躍をする探偵では役割が大きく異なっています。例えば浮気問題では、探偵は浮気の証拠を掴む調査を請け負う立場ですし、弁護士は浮気の証拠を用いた離婚訴訟や慰謝料請求を請け負う立場です。また弁護士は代理権を持っていますから、自分自身に代わって相手と交渉をしてもらう事も可能です。

 

浮気の証拠が掴めていない時は、当然ながら最初は探偵に調査を依頼する事になります。探偵に調査を依頼した後は何らかの法的解決が必要となるケースは多いですが、弁護士はやはり費用が大きくかかるのがネックです。しかし裁判沙汰になるような場合や、相手と直接交渉をするのが難しい場合には弁護士の力が必要です。もしも証拠を突きつければ解決しそうであれば離婚協議書や内容証明の作成だけで十分ですから、高額な弁護士ではなく行政書士に依頼をして費用を節約するという方法もあります。

 

最近は探偵事務所と弁護士事務所が連携している事が多く、依頼者の相談内容に応じて得意分野の探偵や弁護士を紹介してくれたりします。よく探偵事務所で離婚裁判や慰謝料請求などの相談をする依頼者もいますが、探偵が法律的な相談事に乗ったり、慰謝料や損害賠償の請求、示談交渉などを行なうと違法になります。なので最初から探偵事務所と弁護士事務所が連携している所を選んでおくと、相談内容に臨機応変に対応をしてもらえるので便利かと思います。