探偵の守秘義務や秘密保持義務

探偵の守秘義務や秘密保持義務とは?

探偵の守秘義務や秘密保持義務とは?
探偵には調査で知り得た情報を守らなくてはならない義務があります

法律により、医師や弁護士といった一定の職業や職務に就いている人達には、職務上で得られた情報・秘密を漏らしてはならない、守らなくてはならないという守秘義務が課せられてられています。探偵業法でも第10条第1項で、この守秘義務・秘密保持義務について触れています。「探偵業者の業務に従事する者は正当な理由がなく、その業務上知り得た人の秘密を漏らしてはならない。探偵業者の業務に従事する者でなくなった後においても同様とする」と書かれています。正当な理由とは法律上通報・報告しなくてはならない情報や、訴訟などで証言をしなくてはならない場合の事です。つまり一般的な調査内容であれば、調査で知り得た情報は、いかなる場合でも守らなければならない義務があります。

 

もちろん、調査上で作成された文書や撮影された写真・映像などについても探偵業法で同様に定められています。調査上の資料やデータは外部に漏らしてはならず、適正に管理をしなくてはならない義務が課せられます。探偵業者は保存方法や取扱者を明確にし、コピーなどが必要な時の手続きや廃棄方法を決めて管理しなくてはなりません。厳重に保管できる保管庫を用意したり、パソコンを利用する際にも情報セキュリティに十分配慮をしなくてはならないのです。

 

もしも守秘義務や秘密保持義務について依頼をする際に不安に思うのであれば、資料の保管方法やセキュリティについて聞いておくと良いでしょう。また調査員などの従業員や、委託事業者と秘密保持契約を結んでいるか?といった事も確認しておくと良いかもしれません。そして契約書の締結はもちろんの事、探偵業法では重要事項の説明を書面で記す事も定められていますから、契約時にはこのような書類にじっくりと目を通し、納得をしてから契約をすると良いでしょう。