探偵社・興信所の広告で確認すべき4つのポイント

探偵社・興信所の広告で確認すべき4つのポイント

探偵選びでは、まずは広告などを見比べて業者を選別するのが最初の一歩です。広告といってもチラシやポスターだけではなく、ネット上のバナー広告まで実に様々です。安心して依頼できる探偵事務所を選ぶには、次の4つのポイントで広告をチェックすると良いでしょう。

 

誇大広告をしていないか

探偵事務所によっては「調査成功率100%」「どんな依頼も必ず成功」といった広告文を大きく掲載している所もあります。しかしこのような文句は誇大広告の恐れがあります。探偵の調査というのは、期間内に必ず証拠を見つけられる保証はありません。にもかかわらず「必ず」「100%」と謳い、高い調査能力を宣伝している業者は怪しいと思って良いでしょう。そもそも調査が成功したかしないかは、業者側と依頼者側で異なる場合も珍しくありません。契約内容によって成功の基準も変わってくるので注意しなくてはなりません。

 

料金が格安過ぎないか

探偵の調査に必要な費用は様々です。目的や調査手法によって各探偵事務所毎に決められており、どこで依頼をしても同じという訳ではありません。そのため、他社よりも高いと思われる探偵事務所もあれば、安いと思われる探偵事務所もあります。そしてその中には特に格安料金を謳う探偵事務所も存在しています。しかし調査費用は様々とは言え、やはり業界には標準的な料金相場というものがあります。この料金相場と著しく異なる、格安の料金設定をしている探偵事務所は要注意です。中には裏事情を持つ探偵事務所もあるからです。

 

事務所を構えているか

大手の探偵事務所ではまずありませんが、個人探偵では事務所を持たない事もあります。そのような場合は自宅で開業をしているため、連絡先の電話番号が「転送電話」となっていたり、時には「電話代行サービス」を利用していたりします。もちろん自宅開業だからと言って探偵の能力が低かったり、サービスが悪いとは限りません。しかし実際に依頼をする時には所在の分からない探偵だと都合が悪い事もありますし、何より不安に感じる事もあるでしょう。ですからきちんと事務所を構えた探偵を選ぶ方が、やはり安心なのです。

 

業界団体に所属をしているか

調査業界には様々な業界団体があります。この業界団体は探偵業務が適正に行なわれているか、法令に反した行為を行なっていないかを監視する役目を果たします。業界団体に所属をしていれば、大抵はチラシや広告上に加盟の有無を記載しています。探偵業の適正・法令化を目指す業界団体に所属をしていれば安心ですから、そのような探偵事務所を選ぶと良いでしょう。万が一利用した探偵事務所とトラブルがあった場合にも、業界団体に別な探偵事務所を紹介してもらったり、調停などではサポートも受ける事ができます。

探偵社・興信所のチラシや広告をチェックする

探偵への依頼を考えた時、まずは新聞の折込チラシやWEB上の広告・宣伝を見て、どのような所へ相談をするかを考えるのが一般的でしょう。なぜなら人に紹介をしてもらうなど、探偵事務所を利用した人の口コミで探すのは難しいからです。

 

探偵や調査といった言葉にはマイナスのイメージが強く、探偵を利用した経験がある人も、なかなか体験談を語る事はありません。探偵への調査内容はネガティブな噂になるような事も多く、公にできない事もあるでしょう。ですからまずは広告を見比べて相談をする探偵事務所を決める事になります。この広告や宣伝を見る時に注意したいのが4つのチェックポイントです。

 

まず最初にチェックをしたいのが「誇大広告をしていないか?」という点です。注目を集めるために派手な文句を並べている探偵事務所は多いですが、その中でも特に「必ず」「100%」といった言葉を使っている所は避けた方が良いでしょう。

 

次にチェックしたいのは「料金が格安過ぎないか?」です。依頼をする側にとっては安ければ安いほどに嬉しいものですが、ここでちょっと冷静になり、格安業者がなぜ安いのか?という点を考えてみましょう。例えば安い理由は人件費を節約しているからかもしれません。通常は2人体制で行なう調査を1人体制で行なっていると、当然ですが調査能力が他社よりも劣る事になります。または格安料金を謳っていても、表向きは掲載をしていない各種オプション料金が設定されているのかもしれません。このように格安であるからには必ず何らかの理由があるので、あまりにも安すぎる探偵事務所も避けた方が良いでしょう。

 

3つ目にチェックをしたいのは「事務所を構えているか?」です。これは何かあった時に探偵の所在が分かるか、また直ぐに連絡が取れるかどうか、という点が重要ポイントとなるためです。探偵に依頼中は急に連絡を取りたい時が意外と出てくるものです。調査中だけでなく、調査報告後に何らかのトラブルが発生するケースもあります。そんな時に事務所を構えていない探偵では連絡を取り辛い事があるので、きちんと事務所を構えた所を選ぶのが良いのです。

 

そして最後にチェックをしたいのは「業界団体に所属をしているか?」です。この業界団体への加盟は非常に重要なポイントです。業界団体では調査業務の明瞭化や透明化に勤めており、探偵事務所の従事者に向けて講習を行なうなど、探偵業務を社会に役立てるための様々な取り組みを行なっています。また業界団体に相談をすれば、依頼者の目的に合う探偵事務所を紹介してもらえますし、探偵事務所とのトラブルにも対応をしてもらえます。業界団体に所属をしている探偵事務所であれば悪質な所はまずありませんから、探偵選びの基準とする事ができるのです。

 

⇒安心・安全な探偵・興信所一覧