探偵の報酬の仕組み

探偵への報酬の仕組みはどうなっているの?

探偵への報酬の仕組みはどうなっているの?
着手金・実費・成功報酬などの内訳になっています

探偵業法の中では調査依頼者が支払わなくてはならない探偵業務の対価について、金額や支払い方法、支払い時期を書面で明確に記さなければならないと定めています。しかし探偵への報酬はなかなかややこしく、着手金や実費、成功報酬について何も知らないと後々困ったトラブルになる事もあるので注意が必要です。

 

例えば「成功報酬」を採用している探偵事務所では、依頼者は「調査が失敗した時には費用を支払わなくても良いのだ」と思ってしまう事が多いです。しかし実際には調査が成功しなくても着手金の支払いや、調査に必要となった実費を支払わなければならないケースは多いです。中には着手金も不要の「完全成功報酬制」を謳う探偵事務所もあります。しかしその場合でも実費の支払いが必要な所もありますから、「成功報酬だからら失敗した時は全く支払いが必要ない」と思うのは早計です。契約時には着手金の金額、実費の範囲と金額、成功報酬の金額を十分に確認し、納得をして契約する事が大切です。

 

更に成功報酬が発生する探偵事務所の場合には「何をもって成功とするのか」という成功条件も同時に明確にしておかなくてはなりません。この成功条件を確認せずに契約をしてしまうと、満足しない調査結果でも成功報酬を支払わなければならないケースが出てきます。例えば浮気調査では、調査員がどれだけ調べても浮気の証拠が出ず、「調査対象者は浮気をしていない」といった調査結果が報告される事もあります。浮気調査では浮気の証拠が掴めた場合に成功報酬を支払うものと勘違いしてしまう依頼者が多く、調査終了後のトラブルに発展する事が珍しくないようです。ですから探偵への報酬については細かな所まで十分に確認をしておく必要があるのです。