調査を依頼した後でクーリングオフは可能?

探偵に調査を依頼した後でクーリングオフは可能?

調査を依頼した後でクーリングオフは可能?
契約した場所によっては可能なケースもあります

クーリングオフは一般的に訪問販売や通信販売で適用される制度になっています。探偵業法ではクーリングオフについて定められておらず、基本的に探偵業者への調査依頼契約においてはクーリングオフが適用されないと思って良いです。しかし2008年に特定商取引法が改正され、場合によっては探偵業者への調査依頼契約でもクーリングオフが適用されるケースがあるようです。クーリングオフが適用になるのは、探偵業者との契約を探偵業者の営業所ではなく、自宅や喫茶店といった場所で行なった場合です。依頼者の希望で自宅で契約を締結した・・・といった場合ではクーリングオフの適用外になりますが、場合によってはこのようなケースでも適用となるようです。

 

探偵業者が営業所以外で契約を行なう際にはクーリングオフ対応の契約書を用意しなくてはなりません。このような契約書であれば8日以内にクーリングオフの意思表示をする事で、依頼者は契約解除を行なう事ができます。ちなみに弁護士や行政書士と自宅や喫茶店で契約をした際は、探偵業者と違ってクーリングオフの対象にはならないので注意をしましょう。